かばん修理で多い持ち手の部分

持ち手の部分かばんの中で持ち手の部分は直接自分の手が触れる部分ですので、適度な感触であった方が使い勝手が良い物です。

また、持ち手の部分が壊れてしまうとカバンを持つことができなくなってしまいますので、かばんとしての機能が大きく低下してしまいますかばんの持ち手修理ももちろん修理対象箇所になります。

開閉部分の次に壊れやすい部分ですので、完全に壊れてしまう前に修理をすると良いでしょう。持ち手の部分を交換するだけで良いので、開閉部分と同様に簡単に修理が完了します。ソフトな感触の持ち手に変更してみても良いでしょう。

カバンの持ち手の機能はとても重要なものです。持ちにくい仕様のものですとカバンを持っているだけで疲れてしまいます。持ち手の部分を自分に合ったものに変更するだけで、毎日快適に持ち歩くことができるようになります。持ちやすい仕様というのは使う人や使い方によってかなり異なりますので、自分のリクエストに合わせて持ち手を交換してもらってもいいでしょう。また、デザイン性あふれる持ち手に交換してみても楽しいですし、カバンを持つことによって手がふさがってしまうのが困る場合にはショルダーストラップをカバンに付けてもらってもいいでしょう。


★関連記事★

  1. かばん修理の可能性
  2. かばん修理において壊れやすい部分
  3. かばん修理で機能の追加